JANコード

光商工会議所では、GS1事業者コード(JAN企業コード)の新規登録申請、更新申請の受付を行っています。

GS1事業者コードとは

GS1事業者コード(※)とは、国際的な流通標準化機関であるGS1が定める国際標準の識別コード(GS1識別コード)の設定に必要となる、企業等の事業者を表すコードです。 国際的にはGS1 Company Prefixと呼ばれ、我が国では、最初の2桁が「45」または「49」で始まる9桁または7桁の番号で構成されます。
GS1事業者コードは、一般的にバーコードとして商品などに表示され、POSシステムをはじめ、受発注システム、棚卸、在庫管理システムなどに広く利用されています。 GS1事業者コードを利用するには、財団法人流通システム開発センターへの登録が必要です。 光商工会議所では、GS1事業者コードの新規登録申請、更新申請の受付を行っています。
※JAN企業コードは、2012年4月より「GS1事業者コード」へ名称を変更しました。

→詳細は一般財団法人流通システム開発センター ホームページをご参照ください。

新規申請について

申請には2~3週間程度かかります。

新規申請の際は、既にコードを取得していないか、ご確認ください。
JANコードの使用には、「商品メーカコード」の登録申請をする必要があります。
以下の要領で登録をおこなってください。

(1)冊子「バーコード 利用の手引き」をご購入ください。
   価  格:税込1,200円/冊
   販売場所:光商工会議所

(2)「GSI事業所コード(JAN企業コード)登録申請書」に必要事項をご記入ください。
 ①登録申請書は、冊子の巻末に付いています。
 ②冊子にある記入要領をよく読み、誤りの無いようご記入ください。
 ③とくに、フリガナ、社印、担当者印、年商、電話番号、FAX番号などは明確にしてください。

(3)登録申請料を事前にお振込み下さい。
 ①年商および業態に応じて登録申請料は異なります。
 ②払込金受領証のコピーを申請書の裏面に貼り付けてください。

(4)「GSI事業所コード(JAN企業コード)登録申請書」をご提出ください。
   申請窓口:光商工会議所

(5)GSI事業所コードが発行されるまで約2週間かかります。
 ①発行までの期間に、利用の手引きなどをよく読んでおいてください。
 ②商品アイテムの番号設定やバーコード印刷の手配などを済ませておくと良いでしょう。

(6)約2週間後、財団法人流通システム開発センターからGSI事業所コード登録資料一式が届きます。
 ①GSI事業所コードの期間は3年です。3年毎に更新手続きが必要です。
 ②更新手続きの書類が送られてきますので、申請をしてください。

(7)アイテムコードを設定してください。
 ①アイテムコードを自社で設定してください。
 ②詳しくは「バーコード利用の手引き」をご参照ください。
 ③その後、印刷会社への依頼(チェックデジットの計算・印刷など)の後、取引先へJANコードの通知を行い、
  商品出荷へと移行します。    

更新手続きについて

※3年ごとに更新が必要です

(1)更新申請書と申請料の振込用紙が、有効期限が切れる約1ヶ月前に
  一般財団法人流通システム開発センターから送られてきます。

(2)印字事項を確認し、変更があれば修正し、押印してください。

(3)更新申請料を郵便局か銀行でお振込みください。
  更新申請料は、業種と年商により算出します。

(4)払込金受領証のコピーを更新申請書の裏面に貼り付けてください。

(5)更新申請書をご提出ください。
  提出窓口:光商工会議所  

Q&Aについて

一般財団法人流通システム開発センターのQ&Aをご参照ください。

光の企業と街を元気にしたい「企業と地域のサポーター」