hp-kanrisha のすべての投稿

地域うまいもんマルシェ~東京・秋葉原「日本百貨店しょくひんかん」出店者募集~

首都圏でのテストマーケティング・商品のPRに活用しませんか?

2024年4月~2025年3月の期間中に一週間出店可能

(出店日は必ずしもご希望に沿えない場合があります)

 

●対象品目:光市で製造または光市にちなんだ飲食料品

●対象者:商工会議所の会員であり、当所管内に本・支店等がある小規模事業者

(常時使用する従業員数が20人(商業・サービス業は5人)以下)
※原則として出店者ご自身が、店頭で対面販売をしていただきます。

●募集事業所数:事業者(先着順)

●出店料:無料(旅費・搬送費等は実費)

※手数料として、売上金額の20%が「日本百貨店しょくひんかん」から差し引かれます。
※市内で「特産品」の開発を行う法人、団体及び個人の方は、光市の「特産品販路開拓促進事業補助制度」を活用し、旅費・搬送費の一部が補助される場合があります。

 

出店場所

 

●店舗名:日本百貨店しょくひんかん

●店舗住所:〒101-0022 東京都千代田区神田練塀町8-2 CHABARA内

●店舗HP:https://syokuhinkan.nippon-dept.jp/

●営業時間:11:00~20:00

●来場者数(店舗全体):平日1,000名/休日2,500~3,000名

●客層:平日は会社員、休日はファミリー層

●客単価(店舗全体):平日1,700円、休日2,000円
※出店条件として、出店事業者のPL保険加入とJANコードの作成が必須になっています。

 

お問い合わせ先

主催:光商工会議所
〒743-0063 光市島田4-14-15
TEL 0833-71-0650 FAX 0833-71-1782

詳しくはチラシをご覧ください。

申し込みはこちらから。

★お申込み後、必要書類等の詳細については追ってご連絡させていただきます。

【会員事業所の皆様へ】「令和6年能登半島地震」災害義援金ご協力のお願い

ご周知のとおり、去る1月1日、石川県能登地方を震源とし、

最大震度7を観測した「令和6年能登半島地震」が発生しました。

被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

 

被災地の一日も早い復興のため、日本商工会議所より全国の商工会議所に対し、

被災地商工会議所の復興のため義援金募集の呼びかけがありました。

光商工会議所といたしましても、この要請に応え募金活動を実施したいと存じますので、

趣旨をご理解いただきますと共に、何卒ご協力賜りますようお願い申し上げます。

 

※義援金については、日本商工会議所がとりまとめの上、被災状況を勘定し

被災事業者の事業再開、被災商工会議所の再建、観光回復等に係る事業に活用いただくため、

被災地商工会議所および商工会議所連合会に寄贈いたします。

 

詳細につきましては

「令和6年能登半島地震」災害義援金へのご協力について(お願い)

をご覧ください。

 

【山口県商工会議所連合会からのお知らせ】「2024年やまぐち企業合同就職フェア」参加企業募集

地域経済の活性化と地元企業の発展を図るため、経営者団体等が企業と県内への就職希望者に対し

企業情報の提供の場を設け、若い優れた人材を確保し、地域経済を担う若者の県内定住を促進する

ことを目的とした就職フェアを開催します。

 

詳しくは

開催要領

やまぐち合同就職フェアホームページ

をご覧ください。

CO2チェックシートのご案内

日本商工会議所では、自社のエネルギー使用量やCO2排出量を簡単に“見える化”できるツール「CO2チェックシート」を無料で提供しています。
本ツールは「知る」「測る」「減らす」のステップでより効果的に活用いただくことができます。

 

【CO2チェックシートの特長】

・日本商工会議所が無料で提供する、自社のエネルギー使用量やCO2排出量を簡単に“見える化”できるツール。

・環境省の「温室効果ガス排出量 算定・報告・公表制度」における排出係数を利用(※)してCO2排出量を算出。

・電力・灯油・都市ガスなどエネルギー種別に毎月の使用量・料金を、Excelシートに入力・蓄積することで、CO2排出量が自動的に計算される(グラフ化も可能)。

・計測する開始月は自社の決算月に合わせるなど自由に設定が可能。

・電力は、契約している電力会社別、電気を多く使う時間帯別など、利用形態に応じて細かく設定が可能。最新の「排出係数」や「単位発熱量」のデータを日商が毎年無料で提供。

CO2チェックシートで用いる調整後排出係数の単位は「kg-co2/kwh」です。
そのため環境省の「温室効果ガス排出量算定・報告・公表制度」における排出係数の単位「t-co2/kwh」から「kg-co2/kwh」への単位換算が必要です。

 

詳しくは日本商工会議所 エネルギー・環境ナビをご覧ください。

第3回光まちゼミを開催します

光商工会議所では、3年ぶりに「光まちゼミ」を開催します。まちゼミとは、お店の方が講師となり、プロならではの専門的な知識や情報、コツ、または趣味の楽しみなどを無料で受講者(お客様)にお伝えする少人数制のゼミです。 講座を通じて店主やスタッフとお客様のコミュミケーションの場から、信頼関係を築くことを目的とした事業です。

同事業は、『お客様』『お店』『地域』〝三方よし〟の人と人との対面によるコミュニケーション事業です。 お客様にとっては学びを多く得られ、人生が豊かになる知識、技術が身に付き、店舗にとっては新しいお客様との出会い、商業者同志の繋がり、経営革新にも繋がる取り組みです。

この機会に、ぜひご受講ください。

 

受講をご希望の方は、下記チラシをご確認の上、各店舗へ電話にてお申込み下さい。(電話番号は、チラシ内に記載)

※申込開始日は12月1日です(一部店舗除く)

                     

・まちゼミチラシ表面    

 ・まちゼミチラシ裏面(参加店一覧)

 

 

第3回光まちゼミ概要

 

・開催期間

  令和6年1月15日(月)~2月9日(金)(12月1日より申込開始)

 

・開催場所

  各参加店舗、ビーストリート(集合まちゼミ開催時)他

 

・主 催

  光まちゼミ実行委員会

 

・共 催

  光商工会議所、光商工会議所小売商業部会、大和商工会

 

・後 援

  光市

 

・参加事業所

  18事業所

 

2023光まつり

開催日 / 令和5年10月1日(日)(小雨決行)

開催場所 /  光市民ホール(山口県光市島田4-13-15) 及びその周辺

イベント内容  /

  ◇ 光まつりパレード(10:00~10:30 地域づくり支援センター前~新町公園前)
   市内幼稚園・保育園児による手づくりみこしの競演

  ◇ ステージ( 9:45~15:30 新町公園南側の特設ステージ )
   【主な内容】                      
    9:45~   開会式
   10:50~   ひかり吹奏楽団
   11:28~   J.FELLOW
   12:24~   山口バレエアカデミー
   12:52~   梅谷陽子
   13:20~   N-Dance moving
   13:48~   Dream Doll
   14:16~   yoshimura dance center
   14:36~   もちまき車両移動
   15:00~   もちまき

  ◇ 物販コーナー
   9:30~15:30(市民ホール敷地内・新町公園 )
   地域産業の振興を目的とした、市内商工業者等による物品の展示・即売
   ・物品販売(市民ホール敷地内・新町公園)
   ・「光たこめし」(市民ホール敷地内)

  ◇ イベント
   【新町公園】
    ・ 9:30~14:30 チェーンソーアート
    ・ 9:30~15:00 スーパー竹とんぼ   
   【第1駐車場】
    ・ 9:30~15:00 マジックほか
    【市民ホール大ホール】
    ・ 13:00~15:00 県警察音楽隊吹奏楽コンサート   

   【市民ホールロビー】
    ・ 9:30~15:00 似顔絵コーナー
    ・ 9:30~15:00 市PRブース(光市学校給食センター)

   【地域づくり支援センター】
    ・10:00~15:00 自衛隊・消防署・警察署・光市合同防災イベント
    ・10:00~15:00  献血コーナー(光ライオンズクラブ)
    ・10:00~15:00  JAFシートベルト体験

   【メインストリート】
    ・ 10:45~12:00 高いところから光まつりをみてみよう!
    ・ 13:00~14:30 (高所作業車試乗体験)

◇ 協賛イベント
    ・ 10:00~13:00 プラントツアー(日本製鉄㈱ 光熱押工場)

会場周辺地図 /

 周辺マップ(googleマップ)

交通アクセス
 会場周辺には、十分な駐車場がありませんので、お車で来場される場合は下記臨時駐車場をご利用ください。
 ※臨時駐車場・・・光市役所文化センター島田小学校浅江中学校

 なお、臨時駐車場(浅江中学校・島田小学校を除く)からは無料シャトルバスを運行します。
 
 ・シャトルバス時刻表20223(PDF)

 

主 催 / 光まつり実行委員会

共 催 / 光市、光商工会議所、大和商工会

協 賛 / 
武田薬品工業㈱、日鉄ステンレス㈱、日本製鉄㈱、日鉄ケミカル&マテリアル㈱、カンロ㈱ひかり工場、冨士高圧フレキシブルホース㈱、光東㈱、光地区労働者福祉協議会、山口県農業協同組合光支所、光市観光協会、山口県東部森林組合光事業本部

〔 問合せ先 〕
「光まつり実行委員会」光市島田4-14-15 光商工会議所内  TEL 0833-71-0650

RESAS(地域経済分析システム)による地域の経済動向分析について

当所では、国が提供する「地域経済分析システム(RESAS)」を活用し、光市の人口動態や産業動態などの地域経済動向の調査・分析を行いました。

なお、調査・分析結果は下記のとおりとなります。

01総論(人口・産業)

02人口増減・地域間流動

03産業特性(製造業・小売業・農業・林業・水産業)

04観光・雇用・医療・福祉・地方財政

 

令和4年度経営発達支援事業の事業報告を公表します

当所では、平成30年3月に経済産業省より小規模事業者の事業計画策定および実施支援や技術の向上、新たな事業の分野の開拓などを行い、小規模事業者の持続的発展を支援するための「経営発達支援計画」が認定され、この計画に基づき小規模事業者への支援を行っております。

この度、令和4年度の取り組みに関して、外部有識者による評価・意見を受けましたので報告致します。

詳細は下記ファイルをご覧下さい。

 

平成4年度経営発達支援事業の事業報告

「ひかり応援プレミアム付商品券」 取扱店を募集します

 光市では、物価高騰の影響を受ける市民の負担を緩和するとともに、地域における消費を喚起・下支えする

ことを目的に、市内の店舗等で使用できる1セット7,000円の商品券を発行し、抽選当選者に販売します。

 当所では、光市からの委託を受け、本商品券の取扱店を募集します。参加を希望される方は、申込書に

ご記入の上、光商工会議所(光市島田4-14-15)まで持参、郵送、もしくはFAX(71-1782)にて

お申し込み下さい。

※商品券の購入申込み及び購入方法等については、光市HPをご覧ください。

      

・ひかり応援プレミアム付商品券 要領・取扱店登録申込書

 

 

お問合せ: 光商工会議所   〒743-0063

               光市島田4-14-15

               TEL:71-0650 FAX:71-1782

 

 

募集要領

1.商品券の内容 

(1) 名  称:「ひかり応援プレミアム付商品券」

(2) 額  面:1枚1,000円

(3) 発行総額:2億4千5百万円(35,000セット)

  1セット7,000円分(全店共通券3枚・小規模店舗専用券4枚)を販売(1人4セットまで)

(4) 使用期間:令和5年11月1日(水)~令和6年1月31日(水) (期間外は無効)

(5) つり銭は出さない。また、払い戻し(返品・返金)には応じない。

 

2.取 扱 店 

(1) 参加資格:光市内で営業を行う店舗・事業所(登録制・業種不問)

(2) 登録方法:取扱店登録申込書に必要事項を記入の上、持参、郵送またはFAXにて

       光商工会議所に提出する

(3) 登録期間:令和5年8月23日(水)<必着>まで 

       (商品券販売の際に同封するチラシに店舗名や事業所名を掲載予定)

(4) 店舗区分:小規模店舗/大型店舗(売場面積500㎡以上かつ市外に本店を有するもの)

(5) 登 録 料:無 料

(6) 取扱店には「ポスター」「商品券見本」等を配付する。

 

3.換  金 

(1) 換金(申請)場所 :光商工会議所

(2) 換金期間 :令和5年11月13日(月)~令和6年2月16日(金)

        9:00~14:00 (平日のみ・年末年始を除く)

(3) 換金手数料:無 料

 

4.購入方法 

(1) 専用の申込ハガキを市民に配布。

(2) 申込ハガキに必要事項を記入し、光市へ送付。

(3) 光市で購入者を決定し、購入引換券を送付。

(4) 購入希望者は、購入引換券を持参し、指定の販売場所で購入。

 

5.購入対象者 

全市民(商品券購入申込み時点で光市民であること)

 

6.商品券の利用 

消費者へ直接提供できる商品・サービス等を対象とし、以下のような場合は利用できない。

(1)不動産や金融商品  

(2) たばこ  

(3) 商品券やプリペイドカードなど換金性の高い商品

(4) 風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律第2条第5項に規定する性風俗関連特殊営業

において提供される役務  

(5) 国税、地方税や使用料などの公租公課  

(6) 商品券の現金化 

(7) 事業決済金としての流用  

(8) その他、参加各店において商品券の利用対象外としている商品

 

7.取扱店の禁止行為 

(1) 商品券の偽造・模造・加工等   

(2) 消費者より受け取った商品券の再利用